ニキビ予防|オススメのスキンケア方法が知りたい

女性の画像

「ニキビ肌にも保湿が必要?」
「ニキビの上から化粧水や乳液を塗ったら悪化しそう…」
ニキビがひどくなるのを恐れてスキンケアを怠っていませんか?

ニキビ肌にこそ保湿が大切!
正しい洗顔や保湿を続ければ、ニキビの元となる皮脂の過剰分泌を抑えられるんです。毎日のスキンケアで皮脂量をコントロールし、ニキビができにくい肌作りを目指しましょう。

スキンケアでニキビ予防できる?
顔を洗ったり保湿したりすれば、ニキビの発生を防げます。
スキンケアの基本は、洗顔と保湿。

ニキビの元となるアクネ菌や細菌の繁殖を防ぐには、朝晩の洗顔が重要です。人は気づかないうちに大量の汗をかいているもの。汗をかいたまま長時間放置すると、細菌が増えやすい肌環境を作ってしまいます。

また「疲れているときはメイクをしたまま寝てしまう」という女性は、注意が必要です。化粧品は毛穴を塞いでしまい、皮脂が外に排出されず毛穴詰まりの原因に。

基本を守ってスキンケアを続けていれば、肌環境が改善されてニキビができにくくなります。

清潔な肌環境を保つために、朝晩の洗顔を習慣づけましょう。

やっぱり保湿は大切!おすすめスキンケア方法
皮脂をしっかり落とそうと、洗顔ばかりに気を取られていませんか?

ニキビ予防には、洗顔後の保湿が必要不可欠です。

保湿を怠って肌がカサついてしまうと、乾燥を補うために皮脂の分泌量が増加します。つまり、ニキビができやすくなるのです。

「ニキビ肌だから、肌がベタベタするのは気になる」と感じるかもしれませんが、肌の水分をキープするために洗顔後の保湿を忘れないようしましょう。

<ニキビ肌用・オススメのスキンケア>
①洗顔
汗やメイクをしっかり洗い流して、清潔な肌に。
顔をゴシゴシこするのは、必要な油分まで流れてしまうのでNGです。

②保湿
乾燥から肌を守り、うるおいを保ちます。
ニキビ肌専用のコスメを使うと、肌トラブルを防げるのでオススメです。

③UVケア
紫外線はニキビを悪化させます。
メイクをせずに外出する際は、日焼け止めクリームを塗って対策しましょう。